活用例
四足ロボットの開発にモーションキャプチャシステムが使われている
長沙高博会の現場
8m×9m
モーションキャプチャー、四足ロボット、関節角測定、歩行解析の最適化
四足ロボット
16のMars 2Hモーションキャプチャーカメラ

2020湖南長沙高等教育博覧会で、NOKOVモーションキャプチャーが杭州の雲の奥でバイオミメティクスの四足ロボットによるダンスパフォーマンスを共同で披露した。四足ロボットが踊りながら、NOKOV光学モーションキャプチャシステムを利用して、四足ロボットに貼り付けられたマーカーの3次元座標位置を捕捉し、ロボットの胴と各関節の動きをスクリーンに同期して表示する。

NOKOV光学モーションキャプションシステムは、四足ロボットの動作を同期して表示するだけでなく、歩行やダンス中の各ノードの位置データや、前肢、後肢の関節の角度や角速度などをサブミリ単位の精度で出力することができる。

でき、四足ロボットの開発過程で、4足ロボットとしての最も重要な一つの研究内容は、足をしっかりしたするよう呼びかけ、調和運行の规则を用いて描かれて決定をロボットが運動の速度や方向、空より、信頼性、機動性に対して保証歩行機構のシステムを安定的に運行するのが重要だ。

NOKOVの3次元モーションキャプチャシステムが収集したデータとロボット自身のセンサー情報を組み合わせて、オンラインで歩行分析と計画を行い、計画された歩行をロボットの制御システムに送信する。制御システムはサーボモーターでロボットの動きを制御し、リアルタイムで姿勢を矯正する。

山東大学が開発した四足ロボットは、構造化されていない環境に強力な適応性能とバリケード性能を備えている。このロボットは片脚に3つの自由度を持ち、足の端に強力なセンサーを取り付け、NOKOV光学モーションキャプチャシステムを外付けし、環境感知能力を備えている。ロボットは、各センサの情報を融合・解析して歩行のオンライン計画を行い、計画された歩行情報を搭載したコンピュータに送信し、その動きを制御します。大型の四足ロボットは、複雑な石積み構造の上で環境を感知し、リアルタイムで歩行計画を実行し、最終的に安定した歩行と障害を達成することができる。

また、機械を歩くの効率を高めるためと性能を通じ、運用関連分析できる方法、シェパードの、山羊、豹など優れ安定変位能力のある動物を原型に各、関節の協同関係を分析する動物に運動するメカニズムと行為運用方式に足式のロボットを歩くの研究である。捕獲モーションキャプチャーNOKOV技術を利用し、動物の決定的な位置の反射運動の時に、ロゴを表記し物の3次元空間座標を処理した後、各パラメータ動物しぐさを受け、步频、歩幅を含め、歩速、歩長、歩幅、支え、振る期、関節の角度や角速度などを利用して、これらのパラメータ動物运动学特性に対する研究歩行パターン別の時系列法則や動物の関節変位や関節角運動の変化などです。

山東大学だけでなく、上海交通大学、天津大学など多くの大学で四足ロボットの開発に参加している。

ここでごニーズを出ること

  • もっと多い情報に関して、メッセージをしたりしてください。

  • 応用分野 *
  • 確認
問い合わせ

問い合わせ