活用例
自動運転サンドパッドシステム
天津カダック
34m×12m×3.5m
自動運転、スマート交通
UGV
38のMars 2Hモーションキャプチャーカメラ

さまざまな知覚技術やコンピュータの計算能力が向上し、高度な運転支援システムや自動運転システムが現実化しつつあります。

官网图三.jpg

インテリジェントな運転の鍵となる技術は、知覚、計画、制御の3つの部分に集約することができ、センサを利用して車両の知覚を実現することがインテリジェントな運転の基本です。車両に搭載されるセンサは、位置センサ、自己誘導センサ、環境センサの3種類に分けられます。位置センサは、典型的にはgpsまたはgpsを用いて他のセンサデータを融合して位置を特定するために、全世界および局所的に車両の絶対位置を取得することができる。自己誘導センサは、走行距離計、imuなどを利用して車両速度、加速度、ステアリング角などの現在の状態を取得する。環境センサは、超音波、レーザー、視覚などの外部感知センサを使用して、道路標識、障害物の位置、交通標識、その他車両の距離、移動速度などの情報を感知する。さまざまなセンサーが融合して意思決定を行い、車両の自動運転動作を制御します。

官网图一zhendge.jpg

長春一汽大衆は、一部のスマート運転機能が未熟な場合には危険性があることや、実際の車両実験では場所が広いことを考慮して、スマート運転システムのデモンストレーション需要を満たすために、都市のスマート交通モデル走行システム「サンドボード」を開発した。モデル車両には実車で使用されているさまざまなセンサーが搭載されており、実際の交通シーンにおける車両の発進停止、信号の自動認識、自動人検知、障害物の認識、車線変更による追い越しなど、スマートな運転行動をシミュレーションしています。このインテリジェント運転サンドバンシステムは、屋内環境ではgpsを利用して車両の位置情報を提供することができないため、モデル車両のリアルタイム位置情報を提供するNOKOV光学式三次元モーションキャプチャーシステムに採用しています。

NOKOV光学式三次元モーションキャプチャーシステムに、モデル車の反射マーカーの点の3次元座標をリアルタイムで取得し、それに基づいてモデル車の剛体の位置、速度および加速度情報を決定することができる。エンジニアは、位置情報としてモーションキャプチャデータを他のセンサデータと融合させ、モデル車のスマート運転デモをサンドパッドで実現した。

官网图二.jpg

長春一汽の都市スマート交通システムは5台のモデル車を使って共同でデモを行い、モーションキャプチャシステムはモデル車それぞれの反射マーカーを識別して各車両を区別することで、30台以上のモデル車(剛体)の同時采集をサポートする。

ここでごニーズを出ること

  • もっと多い情報に関して、メッセージをしたりしてください。

  • 応用分野 *
  • 確認
問い合わせ

問い合わせ