活用例
エッジクラウドコラボレーション電力自主巡回検査システムの研究
中国電力科学研究院
8m×8m
四ローターUAVの飛行軌道
四ローターUAV
12のMars 1.3Hモーションキャプチャーカメラ

ここ数年間に中国は絶えずに電力の建設を増えていますが、電力設備の総量は飛躍に成長します。辺鄙な山岳地帯で架設されているたくさんの高架電気タワーは、巡回検査の難度が大きくて、コストが高いです。巡回検査の効率と巡回検査の回数を高めて、巡回検査員の危険を下げて、電力システムの巡回検査の知能化を昇格させるために、中国電力科学研究院は自主的にエッジクラウドコラボレーション電力自主巡回検査システムを開発しました。このシステムは三次元再建、自律ナビゲート制御技術、マンマシン相互作用の映像知能マーク技術に基づいて、UAVがワンキーで飛び立った後で全行程の知能巡回検査を行って、自動的に障害を避けて、電力設備の欠陥を記録して、コントロールパネルに伝送して記録を取るという一連の過程を実現するのです。

エッジクラウドコラボレーション電力自主巡回検査システムの構築の前提は、実験室の環境で無人機のルートの模擬と視覚の訓練を完成するのですが、UAVの模擬ルートの訓練は位置決めシステムがUAVの空中での精確な位置データを提供することを必要とします。当面の多種類の位置決めシステムと比べて、光学式位置決めの高精度、低遅延などの多方面の優位によって、最後に中国電力科学院はNOKOV光学式三次元モーションキャプチャーシステムを実験段階の位置決めシステムとして選んだのです。

NOKOVのエンジニアは研究院の実験室で現場の調査を行った後に、電力科学研究院と照合して、12のNOKOV Mars1.3 H高精細度モーションキャプチャーカメラを利用して、8m×8mで、高さが2.3mの実験環境で全体の実験に必要なモーションキャプチャー位置決めシステムを構築して、そして全体のモーションキャプチャー位置決めシステムに基礎のキャリブレーションと関連パラメーターの設定を行いました。試験中に、UAVが模擬電気ワターをめぐって1周の軌道飛行訓練、空中で止まって写真を撮る訓練を行う必要があります。NOKOV光学式三次元モーションキャプチャーシステムはUAVに貼り付けられているマーカーの位置情報を捕らえることによって、データをホストコンピュータに伝えて、モーションキャプチャーソフトウェアのSeekerでUAV剛体情報の計算を完成して、UDP通信プロトコルによって、SDK伝送方式がUAV飛行制御システムに精確なリアルタイム位置情報を提供して、飛行制御システムが内部のアルゴリズムで軌道の計算を完成して、位置情報をUAV機体の無線制御モジュールに伝えて、それによってUAVが予定の飛行軌道で無人操作、自己適応飛行を完成して、そして無作為で空中で止まって写真を撮ることを完成します。

精確な制御システムがあるため、全体のシステムの自律ナビゲート制御はUAVの航路計画、障害避け、空中で止まって写真を撮ることを自主的に完成して、ワンキーによる飛び立ち、ワンキーによる巡回検査とワンキーによる落下などの知能化の巡回検査作業を実現することができます。

世界はいまだかつてないエネルギー革命とデジタル革命が発生していますが、緑色化、知能化とインターネット化は各変革の共通な主旋律になっています。人工知能は革命の戦略的で肝心な技術をリードして、リード性がきわめて強い「先頭効果」を備えて、強力にユビキタスパワーモノのインターネットの構築を促進して、「三流合一」のエネルギーインターネットとの共生、エネルギー革命とデジタル革命の深い共存を推進します。


ここでごニーズを出ること

  • もっと多い情報に関して、メッセージをしたりしてください。

  • 応用分野 *
  • 確認
問い合わせ

問い合わせ