活用例
ロボット義足/Tri-Co ロボットの研究と開発
1.8m×2m
外骨格ロボット、生体力学的統合ロボット、人間の運動学データ
歩行、人体関節の角度、外骨格ロボット
12のMars 2Hモーションキャプチャーカメラ

周知のように、ロボットは人類の生活ですでにますます重要な役割を果たしていますが、私達が更に多く見たのはプログラムによって自主的に運行するものや人類が操縦するロボットで、人体に協力する純粋なロボットがあまり見えないのです。南方科技大学機械とエネルギー工学部の助教授の付成龍氏がリードする人体強化ロボット研究チームはこの方向に集中して、多数の研究を行いました。

このチームのプロジェクトの1つであるロボット化動力義肢は踝関節と膝関節のロボット化動力大腿義足を設計して、身体障害者が歩行、重荷を背負う歩行、階段の上り下り、立ち上がりなどの複雑な動作をする時に新陳代謝の消耗を減らすことを目指します。研究中に、複雑な動作に寛骨、ひざとくるぶしなどの重点関節の角度、関節間の作用力の測定に苦しかったので、このチームはこの研究を助けるように、高精度の専門ツールがほしいですが、生物力学方向で広範に使われている光学式モーションキャプチャーシステムはまさに彼らがほしいものです。

人体強化ロボット研究チームのプロジェクトを更によく支持するためい、モーションキャプチャーチームは長さが13メートルで、幅が7メートルで、高さが3.5メートルの空間に12のMars 2Hモーションキャプチャーカメラを取り付けて、同時にまた階段の上り下り、歩行に使われる専門階段と歩道をカスタマイズしました。NOKOV光学式三次元モーションキャプチャーシステムの高い互換性によって、動力学分析に用いられる三次元力測定プラットフォーム、床反力計測トレッドミルと表面筋電のデータを同時に採集します。研究チームは多数の歩行の複雑な動作の運動学データを研究する同時に、安定的に三次元の力、力のモメントと筋電信号などの専門的な生物力学データを受けて、更に全面的な分析を行うことができます。

このプロジェクトは現在すでに中央軍事委員会科学技術委員会国防科学技術革新快速応対組が主催する神経義肢技術革新競技で、「全体システム下肢義肢組第2位」の良い成績を受けて、そして中央軍事委員会科学技術委員会と深セン市経済信用委員会より数百万元の科学研究経費と産業転化支持を受けました。

これを除いて、このチームはまた歩行助力外骨格は、お年寄りの歩行に補助する内部着用型フレキシブル助力外骨格、天秤棒による運びの省力メカニズムなどの多数の助力方向での研究を行いました。NOKOV光学式三次元モーションキャプチャーシステムはこのチームの全ての研究で、高効率で高精度のデータ収集を実現して、同時に良好なアフターサービスも提供しました。

今のところ、このチームが所属する機械とエネルギー工学部はすでにマサチューセッツ工科大学と協力して機械工学教育科学研究センターを構築しましたが、未来の科学研究中に、NOKOV光学式三次元モーションキャプチャーシステムが国内外の科学研究の従事者に更に大きい助けを提供すると信じています。


ここでごニーズを出ること

  • もっと多い情報に関して、メッセージをしたりしてください。

  • 応用分野 *
  • 確認
問い合わせ

問い合わせ