活用例
組立ロボット(アーム)の組立技能の勉強
ハルビン工業大学(深セン)
1m×1m
ロボットアーム、組立ロボット、ロボット制御戦略
手の動き
6のMars 2Hモーションキャプチャーカメラ

情報技術の発展に従って、携帯電話、タブレットなどの3C製品の需要がますます増えていて、各加工工場は労働力の需要が絶えず高まって、それに伴ってコストが高まっています。そのため、ロボットによる3C製品の自動的な組立は自然と成り行きになりました。

しかし、自動車の現場でプログラミングによって自動車の組立を実現する工業ロボットと異なって、3Cの組立中にロボットは同様な方式でプログラミング設計を行うことができないのです。3Cの組立ラインは高い頻度の転換特性を持って、且つ3C製品の中に大多数の部品がもっぱら人工手動による組立に設計されているからのです。プログラミング設計を利用しようとする場合、大量の時間と人力がかかって、新しいロボットを技術にして、コストの負担が大きすぎます。また、3C組立ラインの作業者は基本的に非専門ロボットの応用者ですが、組立ロボットを広範に利用しようとすると、研究成果は労働者の操作の簡便性と使いやすさを保証しなければなりません。ハルビン工業大学深セン機電工学と自動化専攻の研究チームはこの問題に対して演示によるプログラミング(PbD)という最適な解決方法を出しました。

演示によるプログラミングとは何ですか。演示によるプログラミングはロボットシステムを利用して人の操作演示から有効な情報を取り出して理解して、更にこの情報をロボットのプログラムとパラメーターに変えて、最後にロボットにその相応の操作を完成させるプロセスです。3C組立の組立動作は作業空間がわりに小さくて、精度が高くて、運動が複雑という特徴を備えて、且つ3C組立ラインの大多数の作業者が非専門作業者で、工業ロボットをほとんど知らないので、組立中に人工の自然の組立に影響を与えない上で作業者の手部の運動データを受けるのはとても重要です。調査研究と評価によって、このチームは高精度を特徴とする光学式モーションキャプチャーシステムを演示によるプログラミングの第1歩の人の操作動作を取り出すツールとして選びました。

このチームは小さい空間で6つのモーションキャプチャーカメラを配置して、これらのカメラによって手部の位置と方向の情報を含め、人手の組立中の6自由度情報を受けました。それから受けた組立演示動作情報によって、プログラミングしてロボットを新しい環境で同じな組立任務を完成するように駆動するロボットの制御ポリシーを得ました。

このチームは現在すでに有効に人手動作をロボットに伝えて、そしてモーションキャプチャーシステムでロボットによる組立を実現するのが実行可能なことを証明するように、IEEE定期刊行物で実験流れと結果を発表しました。将来に、ロボットが3C製品甚だしきに至っては更に精密な設備の組み立てを更によく行うことができて、モーションキャプチャーシステムがロボットの研究開発に更に大きい役割を果たすと信じています。


ここでごニーズを出ること

  • もっと多い情報に関して、メッセージをしたりしてください。

  • 応用分野 *
  • 確認
問い合わせ

問い合わせ