活用例
ロボット性能試験システムです
浙江譜麦科技
4m×4m
ロボット、掃除ロボット
掃除ロボット
8のMars 1.3 Hモーションキャプチャーカメラ

科学技術の急速な発展を受け、製造業を活性化させる「中国製造2025」計画が打ち出された。重点的な発展方向は知能化と資源利用率の向上です。各種のロボットの応用は制造業の知能化の重要な具現化であり、政策の支援に伴って、その応用分野と数量は必ず大幅に増加し、これはロボットの信頼性と応用性を要求して業界発展の基本的な要求を満たす必要があります。

しかし、ロボット開発では、センサの精度や制御システムの優劣などにより、ロボットがタスクを実行する際に、アームの先端のアクチュエータの姿勢のずれや、移動ロボットの動きの軌跡のずれなどが生じることが避けられない。その際、精密な計測手段でロボットの情報を取得し、キャリブレーションや検出評価を行う必要があります。

官网图二.jpg

産業用ロボット自体の繰返し精度や位置決め精度が高く、レーザートラッカーなどのミクロン級の計測機器を用いて検出やキャリブレーションを行う必要があります。しかし、動くロボットの動きの軌跡を計測するなど、サブミリ単位、ミリ単位の精度で済む場合もあり、数百万単位のレーザートラッカーを使う必要はありません。浙江譜麦科技有限公司はこのようなニーズに対応するため、モーションキャプチャシステムによるロボット性能テストシステムを開発した。

官网图一.jpg

同社は産業用ロボットの性能測定とキャリブレーション技術の研究と応用に特化しており、システムは主にレーザートラッカーなどの装置に基づいており、ロボットの姿勢精度と再現性、位置安定時間、軌跡精度などの性能測定をサポートしている。製品ラインを細分化し、テストのニーズをカバーするために、スペクトル麦テクノロジーはNOKOV光学式三次元モーションキャプチャーシステムにベースにしたロボット性能テストシステムを開発した。お客様の測定精度の要求に応えながら、試験コストを大幅に削減しました。

NOKOV光学式三次元モーションキャプチャーシステムにの位置原理はレーザートラッカーとは異なる。このシステムは、複数のモーションキャプチャレンズで反射マーカーの形を取り、ロボットのキーノードの位置を特定し、そのマーカー座標からサブミリ単位の精度でロボットの姿勢を算出する。

官网图四.jpg

浙江譜麦科技のエンジニアは4m*4mの実験場を設置し、敷地の周囲にNOKOVのモーションキャプチャレンズを8つ配置し、敷地の中央には障害物が散乱して実際のシーンをシミュレートした。掃除ロボットは、センサーを搭載して衝突回避を実現しています。ロボット本体に反射マーカーを貼り付け、実際の位置を真の値として取得し、ロボット自身が推定した位置と比較し、掃除ロボットの性能(精度、応答速度など)を評価する。システムの実測精度は同様のアプリケーション要件を満たす。

ここでごニーズを出ること

  • もっと多い情報に関して、メッセージをしたりしてください。

  • 応用分野 *
  • 確認
問い合わせ

問い合わせ