活用例
浮遊式トンネルの運動変形の測定
交通運輸部天津水運工学科学研究院
22m×20m
浮遊式トンネルの運動変形の測定
浮遊式トンネル
24のMars 2Hモーションキャプチャーカメラ

——交通運輸部天津水運工学科学研究院水中浮遊式トンネル工事技術研究プロジェクト

水中浮遊式トンネルは水中に浮遊する大型海跨り交通構築物ですが、主に人類が未来に深水、広い水域の跨りを実現する問題を解決するのです。

水中浮遊式トンネルの建設技術の核心はトンネルの動態制御と構造の安全性にあります。交通運輸部天津水運工学科学研究院の副院長兼シニアエンジニアの張華慶氏は、交通安全が最も重要な問題で、波浪と潮の複雑な動力体系で、その構造が潜水艦の衝突、沈没船などの非常の積載を含める特殊な積載で安定性と安全の運行を維持しなければならないと思っています。

海洋水動力基礎理論及び波浪と浮遊式構造物の相互作用の関連研究に従事する副研究員の陽志文氏の紹介によると、トンネルの運動変形の測定は全体のプロジェクトにおいて重大な難点で、実験の精確度がミリメートルレベルに、同時性の誤差がサブミリメートル秒に達するように求めています。伝統的な機器はこの要求を達成しにくいですが、NOKOV光学式モーションキャプチャーシステムを使うと、このような高精度の測定データを得ることができるのです。

交通運輸部天津水運工学科学研究院院長の張華勤氏は、浮遊式トンネルの研究が以前に海洋に対して潜水の近岸での活動から深くて遠い海に発展と開拓を行って、そして新材料、新技術と新装備技術という全体科学と技術上での突破を持ってきて、中国の科学技術が世界の前列を歩くのにとても良い条件を創造することができると表しました。


ここでごニーズを出ること

  • もっと多い情報に関して、メッセージをしたりしてください。

  • 応用分野 *
  • 確認
問い合わせ

問い合わせ